FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ペンジュラムを使いこなしましょう!

私自身もそれほどペンジュラム使いの達人ではないのですが、
イングリットさんの商品とセルフワークしていく場合、ペンジュラムを使うことが基本のキとなります。

こちらのブログに、ペンジュラムに関する使い方のコツをアップしました。
そちらのブログからの転載です:




その1:ペンジュラムの浄化とプロテクション

アウアーさんのエンジェルシンボルを使ってセルフワーク&セラピーを行っていく上で、
直感的にシンボルを選んだりする使い方もできますが、
キネシオロジーの筋肉反射テストかペンジュラムのいずれかの使い方を習得していると、
より正確にシンボルやエッセンスを選べたり、また、使用量や使用期間についても詳しく知ることができます。

特にペンジュラムは、気軽に始められるツールなので、使い方を習得しておくことが望ましいですね♪
色々なメソッドややり方があるようで、洋書ではたくさんのノウハウ本が出ていますし、いろんなところでWSが開催されているので、よかったら探して参加してみましょう☆

ひとつ、注意しなくてはならないのが、「こっくりさん」状態になってしまうことです。つまり、低次元の存在や、コントロールするような存在とつながってしまうことです。
そうなると、ペンジュラムで正確な判断ができなくなるばかりか、好ましくない状況に陥るようなこともあると聞きます。

そこで・・・ペンジュラムとの付き合い方について、小耳にはさんだ話や自分の体験談を交えつつ、エンジェルシンボルやスプレーを使いながら、どんな風にワークしていったらよいのかを、ちょっとお話したいと思います☆

1.ペンジュラムの選び方
ペンジュラムは、どんなものでもいいと言われていますが、相性のよいものを選ぶといいんじゃないかと思います。
相性のよさってどういうことかというと、まず基本は「一目ぼれ」だと思います。

それと、使ってもいいかどうかをペンジュラム自体に聞くということも大切だと思います。
私は先日参加したWSで、他の参加者の方がとても個性的で素敵なペンジュラムを選び、そのペンジュラムと次第にコミュニケーションをとりながら信頼関係を築いていく様子を見る機会に恵まれました。
あらためて、ペンジュラムそれぞれの個性があるのだな~って感じるような、そんな面白い機会でした。

私自身は今使っているペンジュラムとは既に2年近くの付き合いですが、あまり人格?というかペンジュラムの個性?を感じたことがなかったのですが、やはりペンジュラムによって個性が違うのだと思い、改めて、ご縁があって私のところにやってきたペンジュラムを大切にしようと感じました♪

2.ペンジュラムの浄化
さて、ペンジュラムが手元に来たら、ペンジュラムを浄化することが大切です。
ここでは、4番のエンジェルシンボルを使うとほぼ間違いないと思います。
私は、常にペンジュラムを4番のシンボルカードの上において使っていますが、30秒の間シンボルの上に置いておけば、浄化が完了するようです。

もちろん、ペンジュラムに、「どのシンボルにどれだけ長く置いておくといいかな?」「あるいは他の浄化法がいいかな? 光?煙?それとも塩?」などと定期的に聞いてあげると、コミュニケーションになっていいかなと思います☆ペンジュラムとのラポール(信頼・共感)が何よりも大切だと思いますので。

3.ペンジュラムを使うにあたってのプロテクション
上でも書きましたが、「こっくりさん」にならないように、いざ使うときに一番大切なのはプロテクションです。

で・・・、このプロテクションの仕方ですが、大天使ミカエルのエンジェルシンボルもしくはスプレーを使って、ミカエルに保護を頼むことが一番いいようです。

アウアーさんのグッズは、かわいらしいデザインでありながら結構強力だという話は色々書いていますが、ミカエルの強力さというのはすごいです。




その2:さて、ペンジュラムの使いこなすためにその2として「こつ」。

1.身体をほぐすストレッチなどをする
いきなり「はあ?」と思われた方もいるかもしれませんが・・・、ダウジングをするときに私たちは、
自分の潜在意識にまずつながります。
この潜在意識・・・調子がいいときはハイヤーセルフにつながり、きちんと正確なダウジングをしてくれるのですが、調子が悪いときは、ハイヤーセルフではない存在、低次元の存在などにつながってしまいます。
潜在意識は身体とも深くかかわっています。身体をしっかり整えることで、グラウンディングができます。
そうすると、ふわふわと浮ついた状態ではなくしっかりと落ち着いた状態でダウジングできるのです。
時間がないときは、グラウンディングの瞑想をしてもよいでしょう。

2.YES、NOの揺れを各ペンジュラムに対して確認する
色々な考えの方がいるようですが、私はペンジュラムはひとつひとつ個性があると思っています。
なので、各ペンジュラムごとに、YESとNOの揺れ方は違うのです。
ペンジュラムに「プログラミング」して、YESかNOかを決めることもできますが、
ペンジュラムと相性よくワークしていくためには、ペンジュラムに聞いてみることが一番だと思います♪
「YESの揺れ方を教えてください。NOの揺れ方を教えてください。」と言ってみましょう。
YESが横揺れの場合もあるし、NOが円を描く場合もあるかもしれません。
それは、ペンジュラムごとの個性なので、受け容れてあげましょう☆

3.ダウジングの仕方=他人に話しかけるように話しかける
ダウジングで重要なポイントとして私がよく人にお話しするのは、ダウジングするときに、
ペンジュラムに対して(詳細に言うと自分の潜在意識なのですが)、
まるでそれが一個の人格を持った存在であるかのように話しかけるということです。
心の中で質問を唱えていると、いまいちはっきりしない状況になりがちです。
質問している内容もあいまいなまま聞いているということもよく起こりがちです。
また、潜在意識の自分(=ペンジュラム)と顕在意識の自分(=話しかけている自分)をセパレートすることで、状況を客観的に見ることができ、また、つながっているエネルギーや状況に対してプロテクションすることができます。

ペンジュラムを上手く使いこなすためには、ペンジュラムと対話しているつもりになって、
声に出して質問事項を話すようにするとよいでしょう。

4.良い質問をする=YES、NOで一義的に答えられる質問をする
先日、ペンジュラムに関して知人から質問を受けました。
「ペンジュラムがじ~っと止まってしまうことがよくあるんだけど、これってYES,NOどちらでもないってことかなあ~」
確かに、YES50%NO50%という可能性もあります。

しかし、たいていは、ペンジュラムに対してあいまいな質問をしていることが原因でそうなっているのです。

たとえば・・・
「私は引っ越した方がいいですか?」
と聞くよりも、
「現在から三カ月以内に引っ越すことは、様々な観点を考慮しても、私にとって90%以上ポジティブな結果をもたらしますか?」
と聞く方が、より精度の高い質問になります。
前者の質問だと、「今はだめだけど、半年後はよい」ことが分かっている場合、ペンジュラムはじーっと止まってしまうかもしれません。また、「仕事にとっては引っ越しはよいが、その結果プライベートが苦しくなる」場合、ペンジュラムがじーっと止まってしまうかもしれません。

質問の立て方はとても重要なのです。ペンジュラムが答えやすいような質問を立てましょう!

| 商品の使い方 | 23:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。