FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

水に癒される旅~伊吹山・竹生島・十一面観音の旅

すっかりご無沙汰・・・の当店ですが、実はこのGWに琵琶湖(滋賀県)の北側、湖北地方に行っておりました。
現地を案内してくれる地元の人が車で色んなスポットを案内してくれました♪

回った場所はどこも水に関係する場所だったように思います。
伊吹山のふもとにある泉神社・大清水では、長旅を経てやってきたフェアトレードクリスタルたちを浄化することもできました。ここのお水は信じられないくらい美味しくて、まろやかで、
クリスタルを水で洗うと急に色が鮮やかになったり、素晴らしい美しいお水でした。

また、竹生島では弁財天(水の女神さまですね)や観音様をお参りしたのですが、
ここでもお水の奇跡に出会うことができました。
実は竹生島は年々水源の確保が難しくなっていたようなのですが、
H14年に宝厳寺の管主さんがガイダンスに従ってほったという、
とても珍しい井戸がありました。瑞祥水といいます。

こちらのお水は他にも人が多くて汲むことはできませんでしたが、
一口いただいたその味のまろやかさ、優しさ・・・。

実は竹生島に行った日は強風のため、船が着船できるかできないかという悪天候で、
私たちの行った午前中2番目の船の帰りの便を最後に、
その日の船はおしまいという天気だったのですが、
なぜか私たちが滞在していた1時間半の間は、さ~っと晴れてとても嬉しかったです。
竹生島は神秘的な島だと感じました。

そして、最後、高月にある国宝・十一面観音像を観てきました。
素敵なお寺で、その周りの町もとても落ち着いた場所。

ここの十一面観音像は、360度の方向から観ることができるのですが、
色々な角度からその美しさに触れることができました。

04.jpg

実は十一面観音は、いわゆる慈悲の顔だけではなく、怒った顔、悲しんでいる顔などがあり、
顔の真後ろには、暴悪大笑面という、あらゆる災厄や悪を笑い飛ばす顔がついています。

十一面観音を観に行った帰り、一緒に行った人と一緒に観音の十一の面について話をしていて、
その人が、
「バランス良くすべての感情を兼ね備えているっていうことだと思う」
と言っていたことが印象的でした。

何と言う広さだろう。
そう感じました。

観音=慈悲というだけでは分からない、深い深い意味があるように感じました。

今回の旅、個人的には、この観音様と、竹生島のお水に癒されました。

実は私の母の実家が福島の原発で今話題になっている20km圏内の地域で、
とてもショックを受けています。
私にとってはその土地は、小さい頃の思い出と結び付いたふるさとといってよい場所だからです。

でも、地球の深いところにはちゃんと美しい水が備えられている。。。
それを竹生島のお水で見せて頂いたように感じます。
その深い愛と恵みに感動し、希望を受け取れたように思います。


明日の新月、近所の公園で浄化したてのクリスタルを写真にとって、GW中にアップする予定です!!

| 未分類 | 21:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。