FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ウェサクの満月に☆聖母マリアの湧水&オーガニック認証付きフラワーエッセンス(ドイツより)

少し時間が前後しますが、今年のウェサクの満月(5月17日)、とてもパワフルでしたね。
東京でも、濃厚な光が降りてきているという感じがしました。肉眼でもディーバが見えそう!みたいな(笑)

で、その5月17日、試しに注文した日本未発売のフラワーエッセンスがちょうど届いたんです!!

それがこちらのメーカーさん↓

irisflora.jpg

イーリスフローラと発音します。
在ドイツのフラワーエッセンスメーカーさんです。

ここのフラワーエッセンスは私がドイツに住んでいた頃から結構有名で、
ドイツ語のウェブサイトしかないのですが、とても品質にこだわりがあり、
独自のスクールも経営しているということで長らく知っていました。

とはいえ、ドイツ滞在期間中は使用する機会がなくて。
ある人から頼まれてこちらのメーカーさんのフラワーエッセンスを共同購入する機会があったのです。
そこで、いくつか面白そうなエッセンスを頼みました。

で、お試しに約一カ月間使っていたのですが・・・
感想としてはかなりパワフルです。
ダイレクトにハートにぐいっとくる感じです。

こちらのメーカーさんは、
1.バッチの38種のフラワーエッセンス
2.ヨーロッパの山の48種のフラワーエッセンス
3.バリ島の48種のフラワーエッセンス
の3つのシリーズを主として展開していますが、
私が購入したのは、2.と3.からそれぞれ数本ずつでした。

2.の山のフラワーエッセンスは、ヨーロッパ風の渋くて落ち着いた大人の風味。
一方3.のバリ島のエッセンスは、楽しい波動、楽天的な波動が入ってるように感じます。

とても気に行ったので、現在販売に向けて準備中です☆

このイーリスフローラの創始者のAnne Gret Rensingさんは、
ドイツとベルギー国境にあるアイフェル国立公園のど真ん中に会社を構えて、
自然に触れながら毎日商品を作っています。

しかも、こちらのフラワーエッセンスに使われているお水は、
ベルギー・バンヌの聖母マリアさまの湧水。
バンヌはあまり知られていませんが、1933年に聖母マリアの出現があった土地で、
記念の聖堂なども建てられており、巡礼者も沢山います。
参考ウェブサイト

その際にマリアが11歳の少女に湧水を指さして、
「この水は病者のためのお水です。諸国民のためのお水です」
と言ったお水をそのまま利用して、フラワーエッセンスに使っています。
(注:このエッセンスは湧水をそのまま使用しているので、服用ではなく「外用」扱いとして売られています。
日本で販売する際は雑貨として輸入しますので、使用は自己責任となります)

さらにさらに・・・こちらのフラワーエッセンスは、ドイツのフラワーエッセンスとしては唯一、
オーガニック認証を受けています!

こんな風に愛情込めて作られている製品なので、実はドイツ国内や一部ヨーロッパでは、
じわじわと愛好者がいる商品なのです!

あまりに大々的に世界進出をもくろんでいないところも実は好きです(笑)。

それと、創始者のRensingさんのワークショップは、説明を読んだだけでも言ってみたいなと思うような、
お花とのシャーマニックな交信や交流を主体にしながら、瞑想的で静かなものみたいです!!
(でも9部構成だから、1年ドイツに住まない限り無理・・・ 涙)

そんなこんなで、とっても期待大!のフラワーエッセンス。
今後お店でも紹介していけるように、準備してまいります☆

| 商品紹介 | 23:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。